热风/2008年7月号

来自宫崎骏与久石让中文百科
跳到导航 跳到搜索
小册子『热风』2008年7月号
第6巻第7号 通巻67号
熱風(GHIBLI)
热风2008年7月号.jpg
出版地  日本
出版社 吉卜力工作室
出版日期 2008年7月10日
价格 非卖品

小冊子『熱風』2008年7月号の特集は「チェブラーシカ」です。

表紙イラスト/「チェブラーシカ」ポスターより

目录

特集 チェブラーシカ
「チェブラーシカ」ークレイアニメーターの独り言(伊藤有壱)

〈インタビュー〉 善良さ、寛大さ、もの悲しさ ロシア人の心に触れる映画(児島宏子) チェブラーシカの耳(ミムラ) 長く愛されるチェブの魅力とは?(鈴木知枝)

「チェブラーシカ」ソ連的用語集ー無邪気なアニメをよりディープに楽しむ(?)ために(沼野充義)
連載
第11回 映画館へは、麻布十番から都電に乗って。(高井英幸)

第14回 「晩節を汚すまいとする、ゆるぎなき真情ー堤清二と辻井喬の間にあるもの」私の映画的交「友」録から(山田和夫) 第11回 レコード屋の店頭で僕が考えたこと。「CDショップ再編の時期に、モノ作りの楽しさを知った。」(小川洋之) 第22回 ヘン「涙の谷で人は笑う」(広岡達三×いしいひさいち)

第18回 夢の遊眠社と僕と演劇プロデューサーの仕事「終わりの始まり」(高萩宏)

相关文档[编辑]