热风/2014年9月号

来自宫崎骏与久石让中文百科
跳到导航 跳到搜索
小册子『热风』2014年9月号
第12巻第9号 通巻141号
熱風(GHIBLI)
热风2014年9月号.jpg
出版地  日本
出版社 吉卜力工作室
出版日期 2014年9月10日
价格 非卖品
网站 吉卜力工作室出版部

小冊子『熱風』2014年9月号の特集は「日本語の無くなる日」です。

目录

特集/日本語の無くなる日
「日本語が無くなる」とは、どういうことか(藤原智美)

日本語の特殊性と今後。言語の消滅と文化の消滅(角田太作) 子育てとインターネット(家入明子) 文章でもなく、おしゃべりでもない、インターネットの「日本語」。(枡野浩一)

文語射程の短兵化傾向について(小田嶋 隆)
特別収録
日本テレビで「ナウシカ」初放映(1985年)からスタジオジブリを担当し続ける奥田誠治が語る「僕とスタジオジブリ」[聞き手]依田謙一 [構成]柳橋 閑
連載
第4回  新記者読本 (滝鼻卓雄)

――もがく私に適切な解説と助言を与えてくれた裁判官 不定期連載第2回  若きクリエイテルの悩み ――川畑杏奈[刺繍作家・刺繍アニメーター] 第27回  建築の素(もと) (藤森照信) ――建築素材としての竹、その一 第8回吾が輩はガイジンである。 (スティーブン・アルパート)

――ふたたび宣伝のキャラバンへ――
執筆者紹介
ジブリだより / おしらせ / 編集後記

相关文档[编辑]