起风了 企划书

来自宫崎骏与久石让中文百科
跳转至: 导航搜索
  • 本词条为中文翻译版,如需要日文对照请参见中日对照
  • 未翻译内容以原文显示,请帮助我们新增或修正翻译

飞机是场美丽的梦

飞机是场美丽的梦

  零战的设计者堀越二郎和意大利的前辈卡布罗尼(Caproni)有相同的志向,两人的友情也超越了时空。主人公不知经历了多少的挫折,竭尽全力完成了少年的梦想。   大正时期,生于田间野地的少年立志要成为一名飞机的设计者。梦想着造出如美丽的风一般的飞机。   少年入了东京的大学,在成为一名军需产业的精英技师之后,他的才能才得以展现,造出了航空史上的美丽机体。三菱A6M1,这是以后海军零式舰战斗机,也就是零战。从1940年开始后的3年间,零战成为了世界上杰出的战斗机。   从少年时期到青年时期,主人公所出生的年代是比当今飘荡这闭塞感的日本还要激烈的年代。关东大地震、世界恐慌、失业、贫困和结核病、革命和法西斯主义,言论镇压和接连不断的战争。这个时期,一方面大众文化开始传播,另一方面,现代主义、虚无主义和享乐主义开始横行。这是诗人病死于旅途的时代。   我们的主人公二郎从事飞机设计的这个时代正是日本帝国濒临毁灭,即将崩坏的时代。但是,这部片子并不想涉及谴责战争这方面的内容。优秀出彩的零战也并没有鼓舞日本的年轻人。事实上,也并没有打算要自己做民间飞机的打算。   我们想要描绘出的就是忠于自己的梦想的一个主人公。疯狂充溢着梦想,不会隐藏这份疯狂。对过分美丽的东西的向往也是对人生的一种叱责。倾倒于美丽的代价是很少的。二郎零零散散地干着些工作,遭遇了挫折,而后开始了设计者之路。而且,二郎还具有其自身的独创性和才能。关于他的这个方面我们也会有所描写。

  这部电影的名字《起风了》由来于堀辰雄的同名小说。堀辰雄将保罗·瓦勒里所作的一节诗译为“起风了,唯有努力试着生存。”因为电影中的堀越二郎和文学家堀辰雄是生活在同一时代,所以才能创作出主人公“二郎”。然后,在神话化的零战机诞生的这条线中,还穿插着青年技师二郎和美丽不幸的少女菜穗子的相遇这一故事线路,电影中还添加了卡布罗尼(Caproni)叔叔穿越时空的这一情节,完全描绘了1930年的青春,是一部特性鲜明的作品。

关于画面的备忘录

  从大正时期到昭和前期,我想描绘出一幅融融绿意、生机勃勃的日本风土。天空还很澄净,白云飘荡,水清园洁。虽然城镇很贫穷,但也不想把建筑物都涂成褐色,而是想要很泛滥地使用用那种很具有现代东亚感的颜色。道路坑坑洼洼,招牌也歪歪扭扭地挂着,木头的电线杆参差不齐地立在各处。   虽然不是非要做成那种从少年到青年,再到中年的这么一种记录的电影,但电影中所描述的却是设计者的日常生活。我们会最大程度地避免让观众们看得混乱,在不得已之时才大胆地使用时间的切换。这三段时期的相互交错,共同构成了这部影片。   日常生活就是一些平常小事描写的堆砌。   梦中有着更自由的空间,官能性也好。时间、气候不定,大地也有着起伏,飞行在空中的物体优先地漂浮在空中。这可能就表现出了卡布罗尼和二郎的疯狂的偏执吧。   影片里会出现有关技术的解说,会议的场面也会带有讽刺意味。虽然不是那么想深入描写关于航空技术方面的知识,要是迫不得已的情况,会采用漫画的方式来讲解。像这种电影当中会出现许多开会的场景,这种开会的场景是日本电影的一个宿疾。个人的命运有会议来决定。所以在这部影片中不会出现开会的场景。实在必须出现的时候,也会用漫画的方式来代替,并且不会添加台词。这部影片中,我们想描绘表现的只是人而已。

 真实的   幻想的    时而漫画式的     大家都想做出美丽的电影

2011.1.10 宫崎骏

日本人与战争

日本人と戦争

 戦闘機が大好きで、戦争が大嫌い。宮崎駿は矛盾の人である。人間への絶望と信頼、その狭間で宮さんは生きて来た。ではなぜ、彼はそうなったのか?

 あまり知られていないが、宮崎駿は戦争について詳しい。日本はむろんのこと、世界の戦史についても詳しい。特に独ソ戦について語るときは熱くなる。局地戦の数々についても入手出来る限りの様々な本を読んでいるし、戦闘に使用された戦闘機や戦車などなど武器の類に至るまで知識が豊富だ。彼の話によると2000万人の人が死んだそうだ。そして、人間が体験した一番愚かな戦争だと断罪する。  一方で、彼は平和への希求を誰よりも激しく望んでいる。若き日には、反戦デモなどにも数多く参加し、現在もその気持ちを抱き続けている。  そんな彼が、ゼロ戦を設計した堀越二郎を主人公に漫画連載を構想し始めたのは、5年ほど前のことになる。今日、話したばかりだが、彼の創作ノート「風立ちぬ」には2008年と書かれていたそうだ。  そんな彼のことを熟知していたぼくは、当たり前のように、今度は「風立ちぬ」を作ろうと提案した。しかし、彼の返事はにべも無かった。 「鈴木さんはどうかしている。この漫画は俺の趣味の範囲で描いている。映画化などとんでもない」 「アニメーション映画は子どものために作るべきで、大人物を作ってはいけない」  しかし、ぼくは食い下がった。プロデュースの基本は野次馬精神である。宮崎駿が戦争を題材にどういう映画を作るのか。戦闘シーンは宮さんの得意技。まさか、今度の映画で好戦的な映画は作るわけにはゆかない。そのことはあらかじめ分かっていた。得意技を封じられるとき、作家は、往々にして傑作をモノする。  この話を持ちかけたのが2010年の夏。その後、ぼくと宮さんは何度も話し合う。そして、秋のことだったと記憶している。 「わかった。映画になるかどうか、検討してみる。暮れまで待って欲しい」  企画が決定した日を忘れない。12月28日だった。年が明けて、宮さんはすぐに絵コンテに取り掛かる。二郎の子ども時代と関東大震災のさなか、二郎とヒロイン菜穂子の出会いまでをあっという間に描いた ───。  ちょうど、東日本大震災が起きる前日のことだった。

 戦後68年、人間への絶望と信頼を抱き続けて来たのは、何も宮崎駿に限らない。このテーマこそ、日本人の抱える一番の問題だと僕は確信していた。
2013.5.28 スタジオジブリ吉卜力工作室・プロデューサー 鈴木敏夫
(劇場公開用の「風立ちぬ」カラープレス用に書かれたものです。)