文档:修那之旅/800

From 宫崎骏与久石让中文百科
Jump to navigation Jump to search
 主页面 修那之旅 文档 
 テア あとがき
あとがき
后记
 この物語は、チベットの民話「犬になった王子」(賈芝・孫剣冰編 君島久子訳 岩波書店)が元になっています。穀物を持たない貧しい国民の生活を愁えたある国の王子が、苦難の旅の末、竜王から麦の粒を盗み出し、そのために魔法で犬の姿に変えられてしまいますが、ひとりの娘の愛によって救われ、ついに祖国に麦をもたらすという民話です。
 現在、チベットは大麦を主食としている世界唯一の国ですが、大麦は西アジアの原生地から世界に伝播したものだそうです。だから、王子が西に向かって旅をしたという内容は歴史と符号しています。ただし、この民話は本当にあった出来事というより、チベットの人々が作物への感謝を込めて生み出した、すぐれた物語と考えるべきでしょう。
 十数年前、はじめて読んで以来、この民話のアニメーション化がひとつの夢だったのですが、現在の日本の状況では、このような地味な企画は通るはずもありません、むしろ中国でこそ、アニメーション化すべきだなどとあきらめていたのですが、今回徳間書店の人々のすすめもあって、何らかの形での自分なりの映像化を思いたったしだいです。
 这个故事取之西藏民间传说《阿初王子与青棵的故事》(贾芝、孙剑冰编,君岛久子 译,岩波书店)为原型。故事说的是:在某个国家,因为没有谷物,国民过着贫穷挨饿的 痛苦生活。国家的王子看到人民的疾苦而深深发愁,为此踏上了艰险的旅程,找到了蛇王 ,并从它的手中盗取了麦粒,可是被发怒的蛇王施以魔法变成了狗。后来因为一位少女对他的爱使他变回原型,最终为祖国带回了麦粒。
 现在,西藏是全世界唯一以大麦为主食的地区。据说大麦的原生地在西亚,并由那里向全 世界范围内传播。所以王子向西冒险的内容是有史可依的。但是,与其说这个传说是确有其事,大概不如说它是西藏当地居民将对农作物的感激之情融入其中而编选出来的故事吧。
 虽然自十几年前第一次看到这个传说的时候就已经有将它动画化的梦想了,但是以现在日 本的状况,如此朴素题材的脚本是行不通的。我想可能只有在中国才可以将这个题材做成 动画,所以一度放弃了,可是在德间书店的同志们的劝说下,决定以无论何种形式也好可以最终用自己的方式将这个题材影像化。
宮崎駿  
1983年5月10日(火)
一九八三年五月十日
宫崎骏