文档:吉卜力日志/2004年8月

来自宫崎骏与久石让中文百科
跳转至: 导航搜索
 主页面 吉卜力日志 目录 
 7月 2004年8月 9月
2004年8月
2004年8月
8月2日(月)
 明日は、スタッフ初号。朝10時30分からなので、遅刻をしないように早々に仕事を切り上げて帰るスタッフ。何事も起きませんように。
8月3日(火)
 本日、待ちに待ったスタッフ初号。ラッシュチェック等で映像は、見ていても、台詞や音・音楽が付いた物を見るのは当然初めて。約2時間の上映後、スタッフから拍手が沸き起こる。本当に1年半お疲れ様でした。
8月4日(水)
 今日は、外注スタッフの初号です。ジブリは年々作品の内容が濃くなり、それと平行して、外注スタッフに頼る量も増えてきました。本来なら、昨日一緒に見るのが良いのですが、座席数に限りがある為、近年別々に上映しています。途中バタバタしましたが、無理を聞いてくれた外注の皆さん、本当にありがとうございます。お疲れ様でした。
8月5日(木)
 ジブリには、作品に直接関わる部署と、間接的に関わる部署があります。こちらの部署の方々は、長時間席を空ける訳には、いかないので、そのスタッフの為に、今日ジブリの試写室で上映会を行いました。反応は、様々ですが、中には、「もう一回観たい。」とお願いするスタッフまでいました。
8月6日(金)
 「ハウルの動く城」が無事完成したので、スタッフの感謝の意味をこめて、「打ち上げパーティー」が行われました。当日は、声を演じて頂いた方が数名出席されて、華やいだ雰囲気になりました。会場に集まった多くの方々を見ると改めて、この作品に関わった人の多さを感じました。
吉卜力日志 diary04 party1.jpg
吉卜力日志 diary04 party2.jpg
8月7日(土)
 さて、ジブリでは、恒例化しつつある引越しが、夏休み中に行われます。今までバラバラになっていた作画が、また1stに戻り、全員同じ場所で作業をする事になります。その為、皆各々の机を片付けて、必要な物は、段ボールに詰め込む作業を朝から行いました。前回の一時帰休の時に片付けましたが、さすがに1年半経つと色々な物が増えるようで・・・。しかし、一番の量の多さは、なんと言っても制作。あっと言う間に段ボール箱の山が出来ました。本当に、こんなに必要なのでしょうか?
吉卜力日志 diary04 sumvac.jpg
『夏休みで人がいないため玄関でくつろぐウシコ』 二週間ほど夏休みです。
8月23日(月)
 2週間の夏休みも無事終わり、今日から通常勤務です。本来引越しをしたので、新鮮な気持ちで作業が出来るはずなのですが、いざ机を並べたら、以前に見た風景。そう、「ハウル」に入る前の状態に戻っただけなので、みんなデジャブー状態。「この道は何時か来た道~」と思わず口ずさみました。

 引越し初日の制作は、力仕事のオンパレード。なんせ以前は、3箇所にあった作画用の材料を纏めて、1箇所に納めなければならないのです。「それは、あそこに。そこには、これを。」とまるでパズルをやっている様でした。
8月24日(火)
 夏休みが終わったとはいえ、すぐに次回作には、入れないので、少しの間外注の仕事をすることに。早速本日、某社に作打ちに行く。久々に外部の作打ちに立ち会うとなんとなく新鮮な感じがしました。引越し作業は、まだ完全には、終わっていない。朝から昨日の残りを整理したり、制作で使う月間スケジュールボードを注文したりとどたばた。
8月25日(水)
 ジブリにレクレーション部なるものが出来、その記念すべき第一回目の催しが夜7時から1階のバーでありました。内容は、「卓球大会」。腕に自信のある者ない者多数参加し、さらには宮崎さんまで途中参加して、おおいに盛り上がりました。さて、第二回目は、いったい何でしょう。

 制作の引越し作業は大詰め、最後に残ったのは、作画用のパーテーション。業者の方に来てもらい、寸法を測って貰いました。しかし、ジブリには以前倉庫の片隅に追いやった残骸が大量に有るので、序に使えるか確認して貰おうという事になり、大急ぎで倉庫から運び出す事に。さすがに3日連続の力作業は、疲れます。